つんでくアンテナ

速新着だよ

南草津駅で人身事故「30代位の男性が飛び込んだ」琵琶湖線遅延 自殺か

ニュース速報Japan|2019/05/14 14:32|292views

最終更新■

琵琶湖線の南草津駅で5月14日、人身事故が発生しました。飛び込み自殺の可能性も。

発表によりますと5月14日午前7時21分ころ、琵琶湖線の南草津駅の構内で、新快速列車(米原駅行き)と男性が接触する人身事故が起きたということです。

この人身事故の影響で、琵琶湖線は野洲駅~京都駅間の上下線で運転を見合わせ、午前8時6分ころに運転を再開しました。なお、一部列車に大きな遅れや運休が出ています。

以下は、Twitterユーザーが投稿した人身事故現場の画像です。

琵琶湖線の南草津駅で人身事故が起きた現場画像

画像出典:https://twitter.com/mrunagiinu/status/1128070786185482240

南草津駅の人身事故で緊急車両が集結している画像

画像出典:https://twitter.com/m_131_k/status/1128073211759874048/photo/1

現場には大勢のレスキュー隊や救急隊らが駆けつけるとともに、電車と接触した男性の救護活動が行われました。男性は病院に救急搬送されまいたが、搬送先の病院で間もなく死亡が確認されました。

人身事故現場にいた方の「完全に飛び込んでます」などという情報があることなどから、飛び込み自殺を図ったことによる人身事故の可能性も。

南草津駅のホームには規制線が張られるとともに、利用客らが心配そうに様子を伺い騒然としました。

通勤ラッシュの時間帯ということもあり、人身事故の影響を受けた駅では利用客で大変混雑したということです。

Twitter上には「30代位の男性がホームから落ちるように線路内に腹這いになって、そこに電車が通過した」「何か乗り上げた感覚があった」「ブルーシートで隠してる…」「乗ってる電車で人身事故があった」などと現場の情報に関するツイートが多数ありました。

滋賀県警は男性の身元の確認を急ぐとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

南草津駅で人身事故…Twitterでの反応

琵琶湖線の南草津駅で特急列車と男性が接触する人身事故が起き、飛び込み自殺の目撃情報があることなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

人身事故現場(滋賀県草津市南草津)場所の地図

以下、男性が飛び込んだ人身事故現場・滋賀県草津市南草津1丁目「南草津駅」の地図(Googleマップ)。

続きを読む ≫

≪ TOPへ戻ろうか

≪ TOPへ戻ろうか

7day-Ranking|今週のランキング

Ranking|総合ランキング

TOPへ戻る